2020.06.01
インタビュー映像リレー第六弾!反町隆史 登場!

豪華キャストによるインタビューリレー第六弾が解禁となりました。
今回の登場は、反町隆史。角川春樹が手掛けた作品では、2005年の『男たちの大和/YAMATO』、 2007年に『蒼き狼 〜地果て海尽きるまで〜』に出演していますが、角川春樹がメガホンをとった作品への出演は、本作が初となります。劇中で幼少の主人公・澪と野江の運命を言い当てる易者・水原東西を演じています。水原が言い当てる二人の運命が、この物語のカギとなっていくという、物語の主軸を担う役どころ。 そんな反町隆史へのインタビューは、本作の撮影が行われた日光江戸村の現場で収録されました。角川春樹監督作の現場をとても楽しみにしていた思いとともに、「角川監督に会うとほっとする」と監督への親愛を込めたコメントを残しています。

 2020.05.25
インタビュー映像リレー第五弾!永島敏行、野村宏伸登場!


豪華キャストによるインタビューリレー第五弾が解禁となりました。
5回目に登場となるのは、劇中で野江(奈緒)が暮らす翁屋の楼主・伝右衛門を演じたベテラン俳優・永島敏行と、主人公・澪(松本穂香)が働く「つる家」の常連客・清八を演じた野村宏伸。二人とも角川組の現場は数十年ぶりとのことで、昔を懐かしみながら本作への思いを語りました。永島敏行は、自らが演じた伝右衛門というキャラクターについて原作を読んでホロリときたと話し、女性を軸にした物語で、これからは女性が時代を担っていくのではないかと感じたと話しています。更に、本作が世界に向けて発信できる作品なのではないかと思うと本作への思いを語っています。一方野村宏伸は「角川監督の作品であれば、例えワンシーンでも出演したいと思った」と、今回の出演への喜びを表現し、新人時代に出演した『キャバレー』の現場の厳しさを思い出しながら、本作の現場を楽しんだと明かしました。また現場で食した料理が本格的であったことも垣間みれる話題もあり、現場で初体験した「あゆ飯」のエピソードも披露しています。

 2020.05.20
インタビュー映像リレー第四弾!窪塚洋介、小関裕太が登場!


豪華キャストによるインタビューリレー第四弾が解禁となりました。
4回目の登場となるのは、劇中で主人公・澪を温かく見守る2人の男性、御膳奉行の小松原を演じた窪塚洋介と、町医者・永田源斉を演じた小関裕太。二人とも角川春樹監督とは初顔合わせでの出演となりました。窪塚洋介は、伝説の角川春樹監督に会えることを楽しみにし、原作から力と癒しをもらい、出演できることに舞い上がるような気持ちになったと出演依頼の当時を振り返ります。また脚本の読み合わせから澪を演じた松本穂香を心が揺さぶられる女優さんだったと印象を語り、現場では澪のファンでしたと語っています。一方、小関裕太は、角川春樹監督に「原作に忠実に」と演技について話をされたことを明かしています。また、劇中の料理についても語っており、撮影後に食べた「しぐれ煮」がとても美味しかったと笑顔で答え、料理だけでなく人との関りも味わい深い作品だと語っています。

 2020.05.11
待望の本ポスター解禁!主題歌は、豪華コラボによる名曲の誕生!!

待望の本ポスタービジュアルが解禁となりました。また、本作の主題歌、音楽周りの豪華な情報も解禁となります。
完成したポスターのメインビジュアルには、本作の名シーンの澪(松本穂香)と野江(奈緒)が起用されました。澪の指でかたどられているのは、二人にとって忘れることのない思い出。劇中でどんな効果をもたらしているのでしょうか?そして、切ない表情の二人の視線の先には何が?決して交わることのない視線は何を意味しているのか?更に、本作の豪華なメインキャスト陣の写真も加わり、ドラマティックなビジュアルが完成しました。
更に本作の主題歌は、松任谷由実が書き下ろした「散りてなお」を透明感溢れる声の持ち主、手嶌葵が歌いあげます。大切な人や故郷——心に刻まれるものが簡単に消えはしないというメッセージをのせて、人々の胸に優しい希望を抱かせてくれる名曲が誕生しました。また、主題歌の編曲並びに劇中の音楽は松任谷正隆が担当し、豪華な夢のコラボレーションが、音楽の力で本作に化学反応を巻き起こします。本解禁に伴い、手嶌葵、松任谷由実、松任谷正隆からの素敵なコメントも届きました。この秋、「みをつくし料理帖」が一生分の感動 を日本中に伝播させます!!

***主題歌情報***
主題歌/手嶌 葵「散りてなお」
作詞・作曲/松任谷由実
編曲/松任谷正隆(ビクターエンタテインメント)



【手嶌 葵 コメント】
この映画で角川春樹監督の描いた世界は、優しい気持ちが自然に湧いてくるとても素敵なものでした。そして、そんな世界観に寄り添うようなユーミンさんが作って下さった主題歌。歌わせて頂けて本当に幸せでした。是非映画をご覧頂いて、優しくて、そして美しいこの歌を皆さんにも口ずさんで頂けると嬉しいなぁと思います。


【松任谷由実 コメント】
この作品の主題歌を作ることが出来て、本当に良かった。
愛すべき、破茶滅茶な角川春樹さん。常人には測り知れない長い苦悩が、人生の最終章で、こんなにも丁寧なやさしさに昇華されていることに、今は感動しています。私も手嶌葵さんの質感豊かな歌唱を得て、心の奥の故郷や希望は決して消えないと、映画と共に伝えられたらうれしいです。


【松任谷正隆 コメント】
僕は映画音楽が下手だ。たぶん音を資料として頭の中にストックしておけない体質だからだ と思う。観たときの感情が勝ってしまって、結果暑苦しい音楽になる、というのが自己分析である。「こんな僕でいいのですか?」と聞いたら「お願いします」と角川さんに言われた。この映画が角川映画の集大成、というのならこれは僕の音楽の集大成だ、と言っておこうかな。
 2020.05.07
インタビュー映像リレー第三弾!若村麻由美、浅野温子が登場!


豪華キャストによるインタビューリレー第三弾が解禁となりました。
3回目の登場となるのは、ベテラン女優、若村麻由美と浅野温子のお二人。ベテランならではの重厚な内容のインタビュー映像となりました。若村麻由美は、角川春樹が手掛けた映画『蒼き狼 地果て海尽きるまで』を振り返りながら、角川春樹が父親のような存在だと語る。また本作では主人公・澪を支える芳役を演じていますが、共演した澪役の松本穂香については、「澪と松本穂香さんが一体化していました。」と印象を語りました。一方、1980年代に『スローなブギにしてくれ』や『汚れた英雄』などの角川春樹映画で活躍した浅野温子は、「みをつくし料理帖」の原作ファンであることを明かし、一人の読者としても本作に出演できた喜びを語っています。劇中では、澪と同じ長屋の住人で澪を応援する存在おりょう役を演じ、自らの役について「一生懸命何かをやろうとしている澪を仲間として応援したくなります。」とおりょうの心情を語りました。更に、年齢を経てから角川春樹監督に再会できたことへの喜びも語っています。

 2020.04.28
インタビュー映像リレー第二弾、奈緒!新写真も同時解禁!

豪華キャストによるインタビューリレー第二弾が解禁となり、新写真も解禁いたします。
二人目の登場となるのは、主人公・澪(松本穂香)の幼馴染・野江を演じた奈緒。大坂の大洪水で澪と生き別れとなった野江は、江戸の町で“あさひ太夫”として生きています。艶やかな花魁姿の奈緒に注目が集まる中、解禁されたインタビュー映像では、その役作りや澪との関係性などが語られています。角川春樹監督がこだわったあさひ太夫の部屋のセットは、艶やかな紫を基調とした部屋。その豪華なセットの中であさひ太夫の寂しさを感じたという奈緒。更に監督からは、目の演技を求められたと語っています。そして澪の存在は“雲”であり、一方野江の存在は“太陽の陽”。そんな二人が強い絆で結ばれ、人生の渦に翻弄されながらも自らの道を切り開きながら生きていく力強さは、誰もの心に響く美しい物語として綴られています。

 2020.04.22
待望の特報映像、遂に完成!!

待望の特報映像とポスタービジュアルが解禁となりました。
特報は、「食は人の天なり」という澪のセリフとともに、料理に向き合う澪の姿が映し出され、豪華なキャスト陣の顔ぶれに思わず酔いしれる贅沢な映像となりました。象徴的に使用されている桜の花びらが、上からではなく、下から上に向けて上昇していく花の舞として使われているのは、本作ならではのこだわりの一つです。運命に翻弄されながらも懸命に生き抜く澪と幼馴染・野江との美しくも力強い姿に温かな感動を呼ぶ「みをつくし料理帖」。澪が身を尽くす料理の数々とともに、ご注目ください。
 2020.04.13
インタビュー映像リレー開始!新場面写真も同時解禁!

豪華キャスト陣によるインタビュー映像リレーが開始となりました。総勢13名で綴るインタビュー映像のトップを飾るのは、本作で主演を務めた松本穂香。料理に真摯に向き合い、女料理人として成長していく主人公・澪を熱演しています。正に、松本穂香にとって代表作といえる作品になることでしょう。
解禁されるインタビュー映像では、主演を射止めた時の様子や、澪をどのように演じたのか、監督からの驚きの演出も明らかにされています。更に本作の名シーンともいえるラストシーンについても撮影の様子や共演者・奈緒とのエピソードなどが語られ、ますます本作への期待が高まります。
また、新たな場面写真も解禁となりました。

 2020.04.02
角川春樹最後のメガホン作に、角川映画でデビューを果たした
薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演!!

角川映画の歴史において“角川三人娘”として話題となった薬師丸ひろ子、原田知世、渡辺典子の中から、薬師丸ひろ子と渡辺典子が本作への出演を果たしました。
薬師丸ひろ子は、『野性の証明』(1978・日本ヘラルド映画、東映)の長井頼子役のオーディションで選ばれ、スクリーン・デビューを果たし、その後、1981年に角川春樹が製作した『セーラー服と機関銃』(東映)で主演を演じ、大ヒットを飛ばしました。映画のタイトルと同名の主題歌も大ヒットとなり、一躍時の人となりました。その後も、『探偵物語』(1983・東映)や『メイン・テーマ』(1984・東映)などの話題作に次々と出演し、1984年の『Wの悲劇』(東映)で、第27回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。
一方、渡辺典子は1982年4月、齋藤光正監督の映画『伊賀忍法帖』のヒロインオーディションでポスト薬師丸ひろ子を決める「角川映画大型新人女優募集」でグランプリを受賞し、芸能界デビューを果たしました。その後は、薬師丸ひろ子、原田知世とともに1980年代の角川映画を担う存在となりました。
そんな二人が、角川春樹最後のメガホン作『みをつくし料理帖』に特別出演となりました。劇中で薬師丸ひろ子が演じるのは、藤井隆演じる戯作者・清右衛門の妻・お百。清右衛門がしげく足を運ぶ「つる家」に一緒に訪れ、食を楽しむシーンに登場します。そして渡辺典子は「つる家」の客・お満を演じ、つる家の常連客とともに主人公・澪の料理を楽しむ和やかなシーンに登場しています。

薬師丸ひろ子コメント
角川春樹監督は、女優という仕事に導いて下さった方です。「みをつくし料理帖」、角川さんの監督作品でもあり、是非参加させて頂きたいと思いました。角川春樹さんは、私が子供の頃からいつも温かく見守ってくださっている存在です。
本作では藤井隆さん演じる清右衛門の妻を演じましたが、 喧嘩しながらも仲の良い夫婦を工夫しながら楽しく取り組ませて頂きました。本作が描く時代、そして人と人の繋がりが心に残る作品に なるのではないかと思います。

渡辺典子コメント
角川春樹監督とは、30年ぶりでしょうか。とても懐かしかったです。昔、角川春樹事務所で一緒だった野村宏伸さんとも久々にご一緒し、ワンシーンでしたが多少アドリブを入れたりしながら楽しい撮影現場でした。本作は時代劇ではありますが、親しみやすいイメージの作品だと思います。

角川春樹監督コメント
薬師丸ひろ子は、『キャバレー』以来の出演。『みをつくし料理帖』での出演シーンは、3シーン。戯作者・清右衛門の妻・お百を演じた。彼女の撮影がクランクアップを迎え、花束の贈呈をしたときに号泣した姿をみて、彼女が13歳で出会った頃の姿を思い出し、私も灌漑深いものがあった。
渡辺典子は16歳でデビューしてから、演出家として彼女に向き合ったのは今回が初めて。ワンシーンだけだったが、私が想像した以上の演技を見せてくれた。2人とも特別出演ということだったので、出演シーンを増やすことは叶わなかったが、もっとシーンを増やしたいと思うほど、しっかり演じてくれてよかった。

 2020.03.23
最速!初日決定!! 待望のティザービジュアル解禁!

本作の全国公開が10月16日(金)にて決定いたしました。最速の初日解禁に伴い、待望のティザーポスターも解禁となります。
本作は、主人公の澪(松本穂香)と、野江(奈緒)の強い絆で結ばれた友情の物語です。幼い頃、大坂で二人を襲った大洪水によって離れ離れになった二人。それから時は流れ、澪と野江は江戸で全く違った環境の中、お互いの生存も知らないまま暮らしていました。
今回解禁となったティザーポスターには、江戸で暮らす成長した澪と野江の写真が起用されました。女料理人として生きる澪。一方艶やかな花魁姿の野江は、江戸で評判の花魁、あさひ太夫として生きていたのです。決して交わることのない二人の視線にご注目ください。更にポスターの中央には「どんなときも、道はひとつきり」という言葉が記されています。この言葉は、劇中で窪塚洋介演じる御膳奉行の小松原が澪に向けて説いた言葉です。
 2020.03.11
小関裕太が町医者役で、角川組初出演!!

今回解禁されるのは、小関裕太。出演情報解禁にともない、役衣装写真と場面写真が解禁となります。
小関裕太が演じる永田源斉は、下町から遊郭・吉原まで幅広く評判が良い町医者。患者からは「源斉先生」と親しみを込めて呼ばれています。
源斉は「食は人の天なり」という本作のキーワードともなる言葉を主人公・澪に対し説きます。澪を温かく見守る源斉先生が全編に渡って密に物語と関わっていく活躍ぶりを是非劇場で御覧ください。角川春樹作品への出演は、初となります。
澪を温かく見守る源斉先生が全編に渡って密に物語と関わっていく活躍ぶりを是非劇場で御覧ください。
 2020.03.02
反町隆史が物語の鍵を握る易者役で出演!!

今回解禁されるのは、反町隆史。出演情報解禁にともない、役衣装写真と場面写真が解禁となります。
反町隆史が演じる水原東西は、大坂で評判の有名易者。易者とは現代でいう占い師のことである。
水原は遊郭・大坂新町廊を訪れていたところ、当時8歳の主人公・澪と野江の手相を占い、2人のその後の運命を左右し、物語の鍵を握る“易”を見出す。
水原が2人を占った結果、どのように物語が進展していくのかは是非劇場でお確かめください。
 2020.02.25
出演情報解禁!続々追加キャスト発表!!
野村宏伸、村上淳が出演!!

新たな注目の出演情報が解禁となります。

今回解禁されるのは、野村宏伸、村上淳の2人。野村宏伸が演じる清八は、松本演じる澪が働く「つる家」の常連客。
食にうるさく「ありえねぇ」が口癖の江戸っ子です。野村宏伸と角川作品との出会いは、1986年。
角川春樹事務所創立10周年記念作品となる映画『キャバレー』で初めて主演に抜擢されています。
その後も『天と地と』『時をかける少女』などの角川映画に出演しています。

一方、個性派ベテラン俳優として人気の村上淳は、角川春樹監督作へは初出演となります。
本作で村上淳が演じる卯吉は、大阪の遊郭に出入りする女衒。
物語の後半の重要なシーンにも登場します。

2人の俳優たちがどのように物語にどのように絡んでくるのか、劇場でお楽しみください。
 2020.02.17
出演情報解禁!追加キャスト3人発表!!
永島敏行、榎木孝明、鹿賀丈史 ベテラン俳優陣が出演!!

新たな注目の出演情報が解禁となりました。
今回解禁されましたのは、永島敏行、榎木孝明、鹿賀丈史ら3名のベテラン俳優陣。
永島敏行演じる伝右衛門は、奈緒演じるあさひ太夫のいる翁屋の楼主。吉原一の評判をもつ翁屋を以前から切り盛りしています。榎木孝明が演じる駒澤は、窪塚洋介演じる小松原の上役。将軍の食事を取り仕切る御膳奉行として、町の料理屋を小松原とともに巡ります。鹿賀丈史演じる采女は、おかず番付と呼ばれている現代でいう料理コンテストのような番付で大関に君臨する料亭、「日本橋登龍楼」の店主です。
上記3人のベテラン俳優陣がどのように物語に絡んでくるのか、是非劇場でお楽しみください。

 2020.02.04
出演情報解禁!衛藤美彩が遊女役を熱演!!
野江

元乃木坂46メンバー、衛藤美彩さんの出演情報、場面写真が解禁となりました。

衛藤美彩さん演じる菊乃は、奈緒さん演じるあさひ太夫のいる翁屋の遊女。8歳の時に大坂の大洪水で主人公・澪と生き別れになった野江は、両親を失い路頭に迷う中、遊郭に身をおき、吉原で頂点を極める花魁・あさひ太夫として生きてきました。女たちが寄り添いながら自由を奪われ生きる中、時にあさひ太夫を気遣い、助ける献身的な遊女を演じています。 物語の後半の重要なシーンにも登場。是非、劇場でお楽しみください。

 2019.10.09
野江を演じる奈緒さんの、艶やかすぎる花魁姿が解禁!!
野江

本作で主人公・澪(松本穂香さん)の親友・野江を演じた奈緒さんの劇中の艶やかな衣装写真が解禁となりました。

8歳の澪と野江が、大坂の大洪水で生き別れとなってから十数年。舞台は江戸。澪が神田の蕎麦処「つる家」で女料理人として働く一方、野江は吉原で頂点を極める花魁・あさひ太夫として生きていました。野江を演じるのは、大ヒットドラマ「あなたの番です」(NTV)の尾野ちゃん役で注目を浴び、ブレイク中の奈緒さん。艶やかすぎる花魁姿で女性としての色香を醸し出します。撮影は、「みをつくし料理帖」が撮影された都内某所のスタジオ内に組まれたあさひ太夫の部屋で行われました。角川春樹監督がこだわりぬいた「あさひ」の部屋の装飾にもご注目ください。解禁された2枚の写真のうち1点は、金屏風の前で、絢爛豪華な打掛着物をまとった「あさひ」の姿。そしてもう1枚は、夜を思わせる照明の中、紫が際立つ壁絵の前で艶やかにくつろぐ「あさひ」の姿。どちらも女優・奈緒さんへの注目が高まる写真となっています。

生き別れとなり、全く違う人生を歩む澪と野江。果たして二人の人生に接点はあるのでしょうか?切ない女心を繊細な演技で臨み、時代劇初挑戦となる奈緒さんの渾身の演技に注目が高まります!
 2019.9.17
制作現場より、最速解禁!!
窪塚洋介演じる注目の登場人物・小松原の場面写真が到着!
小松原

小松原

8月21 日にクランクインし、順調に撮影が進んでいますが、その熱い現場から、最速で届いた場面写真を解禁いたします。
本作で注目の登場人物の一人が、主人公・澪(松本穂香)に料理の基本とは何かを考えるきっかけを作る御膳奉行の小松原。演じるのは、窪塚洋介さん。
今回解禁される場面写真は、澪が「つる家」での仕事の合間に通う化け物稲荷でのワンシーン。「つる家」の常連でもある小松原が化け物稲荷で澪と出会うシーンです。そこに祀られている神狐の表情にどこか幼馴染の野江を思い、毎日のように手を合わせにやってくる澪。料理に真摯に向き合う澪を優しい眼差しで見守る小松原。この先、二人の運命はどんな展開を迎えるのか・・・。
窪塚洋介さんと角川春樹監督とは、今回が初顔合わせとなります。キャスティングの経緯は、角川監督が窪塚さんが出演した過去作の「GO」(2001)、「沈黙 -サイレンス-」(2017)を見て、出演が決定しました。
幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語となっております。
 2019.8.30
『みをつくし料理帖』記者会見レポート
集合写真

第2弾キャスト発表記者会見が8月28日、東京・世田谷の東宝スタジオ内で行われ、主演の松本穂香さん、この日発表となった共演者の若村麻由美さん、浅野温子さん、藤井隆さん、石坂浩二さん、そして製作・監督の角川春樹さんが出席しました。

作家・髙田郁による発行部数400万部突破の時代小説シリーズを実写映画化。主人公・澪役の松本さんは「角川監督からは穂香の感じるままにやってほしいと言っていただき、自由に楽しく演じています。緊張はしますが、私自身が好きな作品ですし、澪が好きなので、その気持ちがあれば大丈夫かな?と思っています」と笑顔。調理場面では「ダシをとったり、米を研いだり。料理人の所作は劇中で出てきますので、プロの方に教わりました」と役作りに余念のない様子で「私自身は料理のスジはあまりないかもしれないけれど、少しずつ教えていただいて、ちょっとは身についていると思います」と語りました。

澪の料理人としての才能を見いだした「つる家」の店主・種市役の石坂さんは、そんな松本さんに「江戸時代にはアルミなど軽い素材はありませんから、かなり筋肉がつくのではないかと思います。ただコツを掴んで持てば重くはないので、その部分では大分上手くなっているかな?格好は一丁前。そこは流石女優さんだと思います。味の方はわかりませんけどね~」とニヤリ。それに松本さんは「ありがたいです」と恐縮していました。

澪が“ご寮さん”と慕う元天満一兆庵の女将・芳役の若村さんは、角川映画『蒼き狼 〜地果て海尽きるまで〜』(2007)の出演を振り返り「その際は反町隆史さんの母親役で、松山ケンイチさんのおばあさん役でした。二人とも立派な役者さんになられているので、私の子供役を演じると立派になる」とジンクスを明かし、松本さんに向けて「縁起のいい共演なので頑張りましょうね」とアイコンタクトしていました。

澪と芳が暮らす長屋の隣人・おりょう役の浅野さんは「原作小説は一読者として素晴らしいと思っていたので、これは絶対に出演したいと思いました」と思い入れを明かし、角川映画『スローなブギにしてくれ』(1981)で旧知の仲の角川監督については「いかに私を黙らせるかに苦心されているのは伝わります。その中で怒られないようにチョロチョロやろうと思っています」と笑わせました。

重要な役割を果たす戯作者・清右衛門役の藤井さんは「まさか角川映画に出られるとは思っていなかったので光栄です。角川映画がなければ、僕の10代は色鮮やかではなかったはず。青春時代の感謝の気持ちが一ファンとしてあるので、撮影中は角川監督を喜ばせることができたら嬉しい」と意気込み。撮影現場では過去の角川映画に出演した豪華俳優陣の顔ぶれが揃っていることから「あの人もいる!と息を飲むこともあって、そんな現場が僕の緊張をあおってきてついついセリフも早口になってしまう。もっと落ち着いてふてぶてしく演じることができれば」と嬉しい悲鳴を上げていました。

一方、石坂さんは自身が出演した角川映画『金田一耕助』シリーズに触れて「“金田一”ではない角川映画に出られるのは一つの節目として嬉しい」と今作への出演を喜び「角川監督は映像も芝居も両方大事にする方。芝居に対しての的確なアドバイスもあって、映像も凝った作りになっている。完成を期待しています」と角川監督にエールを送りました。

約10年ぶりとなるメガホンに角川監督は「違和感やブランクも感じていません。こんなに楽しい現場は初めてで、皆さんの演技にもエネルギー以上のものを感じています。撮影が休みになるたびに早く現場に戻りたいと思ったのは初めて」と新鮮な表情。主演の松本さんについては「この作品は松本穂香という女優にとっての代表作になる」と断言し、「周囲の共演者に恵まれていると感じるし、育ててもらっている感じもある。彼女にとって幸せな環境で映画を撮っている。彼女の“けなげで明るく前向き”という素の部分が、この映画に見事に反映されています」と手応えを口にしました。

 2019.8.6
『みをつくし料理帖』公式サイトオープン!
公式サイト、公式Twitterがオープンしました!
TOP